3月5日(火) シンクロ率 28 %

月刊星ナビ 2019年4月号 | |本 | 通販 | Amazon

いろいろと個人的にしんどい状況の中、今日発売の『星ナビ』4月号にて先日の「はやぶさ2」着陸の話題を 4p 書きました。よろしければご覧ください。

タッチダウンで弾丸が発射されて表面の岩石片が大量に舞う動画が本当に凄い。わりとサンプラーホーンの中で舞うだけかなと予想していたが、こんなに大規模に飛散するとは。重力が弱いので、いったん舞い上がった物質はかなり長い時間滞空するらしい。こういうタイムスケールの「映像」が遠くの小惑星で得られる時代になったのは感慨深い。

3月3日(日) シンクロ率 32 %

レビウ【映】『ファースト・マン

@ユナイテッド・シネマ入間。日曜遅くの回だったせいか、客が10人くらいしかいなかった。ど真ん中の特等席で鑑賞。以下ネタバレあり。

これはあれですね、アームストロングの妻ジャネットを演じたクレア・フォイを見るための映画ですね。いわゆる「宇宙ミッションもの」を期待して行くとスカされる。これはあくまでも家族映画。クレア・フォイの芝居が良かったし、目がくりっくりの美人さんで綺麗。日常のシーンは16mmのハンディカメラで、宇宙のシーンは35mmで、と撮り分けたことが話題になっていたが、16mmのシーンは画面が揺れているだけでなく、常にフレーミングがいっぱいいっぱいで、ちょっと酔う。

夫を支えながら育児や家事をやって、マスコミ対応もして、夫を喪うかもしれない恐怖と戦って、実際に未亡人となってしまった隣の奥さんのこともいたわって、と大活躍のジャネットに対して、ニールの方は死んだ娘のことをいつまでもぐずぐずと引きずりながら、ジャネットのことは大事に思っているのかいないのかいまいち分からないといういかにもな夫ぶりなのが良い。帰還したニールとジャネットが隔離室のガラス越しに対面するラストシーンが、二人の間に存在する取り除けない壁を象徴しているようで、いい表現だなと思った。二人は結局、1994年に離婚するんだよね。ジャネットがどういう人だったのか興味が湧く。原作を読んでみたくなった。

寒い雨の日。「午後の紅茶」のチャイが売っていたので思わず買ってしまったが、飲んでみたら太田胃散のような味。まあチャイですからね。味を想像できたはずなのに雰囲気に騙されてしまった。

そういえば桃の節句。母親がちゃんとお雛様を飾っていた。

3月2日(土) シンクロ率 30 %

甥っ子の誕生日プレゼントを選ぶ。最近ネタ切れ。

3月1日(金) シンクロ率 28 %

まだ紅白も通しで見ていないのに2月が終わってしまった。(再)

4/3『FUTURE POP』BD & DVD 発売。ジャケどちらもかっこいい。B2 判ポスターにしてくれんかね。A2 じゃなく。

散髪。

2019 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2000 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1999 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12